アンチエイジング

美味しい魚をお腹いっぱいガッツリ食べたい高知で鰹の本格料理を食べたいのだったらぜひここに行きましょう。

それそろアンチエイジングだよねーなんて言葉がわたしたちの女子会でも出るようになりました。おーこわっ!
もうね、20代も後半になると大変なわけ。何が大変って、結婚している子もいれば、してない子もいる。彼氏がいる子もいれば、いない子もいる。そりゃーいろいろですよ。人生いろいろ島倉千代子。
ですから、アンチエイジングの話もね、いつか出るぞ~出るぞ~って思ってたら、思いの外早く出ましたね。マジかい。

どうやら、一番美意識の高いK子のよると、アンチエイジングは普段のスキンケアも大切ですが、それと同じくらい大切なのが、食生活だそうです。カップラーメンやファーストフード多めの食生活をしていたら、誰でも老化が早くきてしまうのは当然のことだそうです。
マジで?わたし、ほぼ毎食ファーストフードだけど?なんて口が避けて言えませんでしたね。だめだよそれじゃー!って、集中砲火浴びるから。もう今からしっかりとやるから!そういう精神を持って頷くのが一番です。
K子が言うには、やはりアンチエイジングをするために行き着いたのは、和食だそうです。和食というのは、栄養価も高く、健康にもいいとされていますね。先月のK子は「やっぱり時代はMkomichi Hayami!イタリアンよ!」なんて言ってましたが、今月から和食に変わったようです。これ、テストに出ますから赤線引いておきましょう。

和食にもいろいろありますが、特にこだわってほしいのは、米と鰹節です。米なんてどこも一緒だろー?と思っていたのですが、炊き方を工夫するだけでどんなお米も、魚沼産コシヒカリのようになるそうですよ。
また、和食には必須となる出汁も鰹節でしっかりと取るのがおすすめだそうです。ほんだしでいいじゃん・・・と思う人もいるかもしれません。しかし、鰹節でしっかりと出汁を取ることによって、誰でも簡単にカルシウムやミネラルを取ることができます。
鰹節にはたくさんのカルシウム、ミネラルが含まれていて、これらは肌の潤いを助けるだけではなく、髪の毛にも潤いを与えてくれるそうです。これはすごい。

今日は、そんなアンチエイジング大使K子から聞いた、アンチエイジングに効果的なお米の炊き方や、鰹節からの出汁のとり方をお伝えしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいね!